どうしてもお金がいる時のキャッシング方法

借入希望金額を、できるだけ小さくする

まず、キャッシングの審査に通るコツとかポイントというものは、正直なところありません。キャッシングの審査は年収や職業、現在の借入総額など「当日はどうしようもない条件」によって決まっているからです。

会社の面接などとは違うわけですね。自動契約機のテレビ電話による審査の場合「挙動不審でないかどうか」はチェックされていますが、別にそこで好印象だったからといって、審査で有利になるとか、借入限度額が増額される…なんてことはないわけです。

だったら、当日何か工夫できることはあるかといったら、「借入希望金額をできるだけ小さくする」…ということくらいなんですね。自分が貸し出す側だったらわかるでしょう。いきなり大量に借りたがる人間より、少額借りようとする人の方が「まじめに返済しようとしている」と感じるはずです。

なので、まず「なぜキャッシングが必要なのか」を考えて、絶対にないと困る金額だけを申し込みするようにしましょう。

以前返済トラブルを起こした場合、別ジャンルの貸金業者にする

カードローンやクレジットカードの利用での返済トラブルは、記録されています。信用情報機関という組織が管理しています。そして、この組織は貸金業者のジャンルによって、分担が分かれています。

貸金業者のジャンルというのは、大別して「消費者金融」「銀行」「クレジットカード」です。国内では現在JICC、CICなど3つの信用情報機関があり、それぞれ担当が違っているんですね(重複する部分も実はあるのですが、一応分かれています)。

そのため、以前たとえばクレジットカードの返済でトラブルを起こしたという場合、新たに審査を受けるのは消費者金融にする…という風にジャンルを変えるのです。こうすると、過去の遅延などの返済トラブルが影響しない…という可能性もあります。

ただ、あくまで可能性です。これらの信用情報は共有されているものもあります。どのくらいの遅延から、どのくらいの期間共有されているかは定かではありませんが、とりあえず「少しでも有利にする」方法としては使えるかも知れません。

あと、当日の工夫で何とかなるのは「在籍確認の電話」です。これは職場が休みだとできませんが、その場合はモビット・プロミスで申し込みすれば、書類の提出によって在籍確認の電話をなしにできます。

アコムは限度額10万円以下という条件ならOKです。アイフルは在籍確認の電話なしでは一切融資してもらえないので、このような業者選びも重要なポイントです。